2017/07/06  本堂完成しました
  企画・設計・監理は愛知県一宮市の菅野企画設計
施工は、岐阜県大垣市に本社を構える株式会社宇佐美組様  
京都市の田中建工様 工事に関わって頂いた全ての皆様にお礼申し上げます。ありがとうございました。


東側より
 

南側より
  
西側より 
駐車場・駐輪場出来ました
 ご協力のお願い  


 
御志納
写経奉納
 一枚 1000円です 
喜捨箱(慈悲喜捨箱) 貯金箱です
      慈(他人の幸福を喜び)
      悲(不幸を憐れみ)
      喜(他の有徳をよろこび)
      捨(不徳を捨てる)


 
入り口へは、北門より・
西側はスロープで

 

玄関ホール
 
カフェスペースを設け、お茶を飲みながら読書も楽しめます。

エレベーターは9人乗り

1階に22畳の会館を設けました。
椅子席で写経や食事でき、
会合やイベント・展示会などに
利用していただけます。
 
2階の本堂に続く階段は曲面階段です。天井を吹き抜けにして、
随所に仏像、掛け軸が飾れます 


2階玄関ホール
 
 沢山の本
 
本堂のスペースは、
78畳の広さを確保し、
3室に仕切れます。
屋根の形状を生かした斜め天井で
最高5mの高さを確保。
胸のすくような空間です。
 
天窓から光を取り入れ、
夕方には、
背後の丸窓から西日が差し込みます。

本尊の十一面観音菩薩は宙に浮いているようにお祀りします。


本尊の後ろには、位牌棚
 
本堂には
 外階段・内階段・エレベーターで
 
2階テラスや屋外階段の手すりは卍崩し、鳳凰、龍などをエッチングした
ガラスを嵌め込みました。


2階テラスの天井には灯篭を
       

昭和21年
 三国幼稚園時代

昭和21年
 三国幼稚園時代
 

大正時代 子ども会
   鐘つき堂の前にて
  
現在の門
 鐘つき堂の柱を使用しています。